Call of Overlord 跡地

かつて廃PCゲーマーだったおっさんの墓場

# 最近の記事

# カテゴリ

# カウンター

# 検索フォーム

エバー(ry.exeが倒せない

なんかEQ2英語版がインストール直後は起動できてたのだけどUIをDefaultではなくProfitUI Reborn一式にしたら全く、起動ができない。
ProfitUI Updaterで最新にしてもだめなようだ。今のLUで対応ができないの?英語版で使ってるえらい人教えてー。eq2.ini捨ててデフォルトだと起動して画面ロードされてキャラ選択画面までいけるんだけど、ProfitUIにするとそこまでいかない。
サイト調べたり試行錯誤してるうちに頭の中で以下の歌詞が出来上がっていたので、状況説明にもなるので参考にしてくだちい。

替え歌『エバー(ry.exeが起動しない♪』

気がついたら5分経ってる そして未だ画面変化無い
諦めずにCtl+Alt+Delして プロセス見るけど、すでにexeあるのよー
デフォUI起動であれば楽にキャラチェン画面まで着くけど
何分待っても、何回クリしても、EQ2画面が読み込まれないよ

あのexe直接起動しても変化ない
OSを再起動してみてもいずれは時間だけが過ぎてく
exe連打も試してみたけどゲイツ相手じゃ意味がない
だから次は絶対勝つために僕はSOE相手に最後まで/petiしてくー♪


|ω・`)<笑えた人は↓拍手
スポンサーサイト

テーマ:EverQuest2 - ジャンル:オンラインゲーム

 | ホーム | 

初めてのCore 2導入~その2

前の日記のタイトルが『初めてのCore 2』と書いたのにどこにもCore2な内容がなかったが、『その2』へのつながりなので突っ込まないでほしいw

Diablo2、Shadowbane、EverQuest2と時代と共に要求スペックが高いゲームをするにあたり、5年前のBTOパソコン(865チップマザー)に総額十数万のパーツ交換を投資してきたが、そろそろ限界と感じていた。
そこで今年はマルチコアCPUなマシンをショップブランドBTOで買おうと意気込んだけど、物欲がひろがりんぐで予算内に収まる構成がみつからない。
やっぱり自作だなーと。
年明けのショップ初売りや日替わり品目当てに主要パーツを購入し、残りは価格ドットコムと楽天市場で揃えた。

/( ^o^ )\ なんてこったい。予算15マンだったのに軽く20マン越えてしまったw


Quad Q6600
インテル Core 2 Quad Q6600 2.40GHz BOX BX80562Q6600
まずはCPU、Core 2 Duoじゃなく、あえてQuad Q6600 2.4GHz。理由は後ほど説明。



JetRam PC6400 2GB
Transcend 2GB JetRAM DDR2 800 U-DIMM KIT
1GB2枚セット品。メモリは特にブランドのこだわりも考えず楽天でポイント使いたかったのでトランセンドのJetRamにしてみました。PC6400 3GB(1GB×2 + 512MB×3)


ASUS P5K Pro
ASUSTek マザーボード LGA775対応 P5K PRO P5K PRO
ASUS P5K無印とP5K-Eと悩んだ末にP5K Proに決めた。ICH9Rが欲しかったので。


玄人志向GF8800GT-E512
年明けのクレバリーの限定特価品でポチった。いわゆるケロロならぬ『クロロ』玄人志向 GF8800GT-E512
GeForceシリーズは4200→5700→7800とローエンドから使い続けてきたので迷わずハイエンドの8800GT。Daichanpu曰く『マカーはATIの発色で育ってきたので、、出来るだけラデオンを使いたいのです。』と言ってますが、パワマクG5にはGeForce6600積んでたりといつの間にかAppleもATI離れしてましたよw



WD Raptor
WD Raptorシリーズ 10000rpm 74GB Serial ATA/150+NCQ 3.5インチHDD【WESTERN DIGITAL】WD740AD...
最速なハードディスクで有名な『らぷたん』こと『Raptor』。容量は少ないですがOSしか入れる予定が無いので充分です。これでWindowsの起動やメンテは快適になります。
アプリケーションとデータの保存はサムソンのSATA2 500GBを流用。


HDS721616PLA380
HDS721616PLA380 Deskstar7K160

この160GB3台(計480GB)ではICH9RのRAID0ストライピングで使います。RAID0の速度を活かしてムービーやオーディオデータのキャプチャー専用。



これら合計5台のハードディスクを搭載しゲームや動画編集に音楽制作とハードな使用用途を満たし、拡張性と静音性と熱効率が良いケースを選ぶなら、これ!
COSMOS
CoolerMaster COSMOS ATX、Full Tower 電源なし RC-1000-KSN1-GP

うちに3台の自作PCあるけどどのケースよりも大きいばかりか職場で使ってるPowerMac G5よりもでかい!!重い!!
これが届いた時に幸いにも両親が不在だったので、もし箱を見られたら発狂したかもしれない程に箱も巨大。

ケース内にこれだけ空間があるとパーツ取り付けがラクで楽しい。初の電源下置タイプだったのでケーブルの取り回しにも苦労したが、特に電源4pin田コネクタがギリギリなのとP5K ProのFDDコネクタ位置の関係でケーブルは延長しないとだめと発覚。
そもそもFDDいらなくね?とも言われそうだけどAHCI/RAIDドライバのインストールに使わないとだめなんで、捨てられないレガシーインターフェース。

しかし後で調べるとUSBメモリでも同じことができるとわかったorz

いろいろあって二日かかって組立完了。あとはBIOSとRAIDとの格闘へ続く…。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

 | ホーム | 

初めてのCore 2導入~その1

某熊でたるたるでうどんな人の日記に長文レスばかりだったのもどうかと思ったので久々に日記。

今まで使ってきたEQ2専用のPCさん。5年前、当時のネトゲ仲間数名で同じショップでほぼ同スペックのPCをBTOで購入。各自が思い思いのスペック改良をして今に至っているのだと思う。まだ使っているのならば。

5年前のPCパーツといえば865チップセットが主流でPentium4/Celeronが2~3GHzでまだシングルコアの時代。
グラフィックカードはAGPでVRAMが128~256MB。DirectX8ベースのゲームがほとんどだったので安価なグラフィックカードでも高fpsでゲームができたものです。
shadowbane時代の盟友、影羽連盟のchabo氏の当時のブログエントリを見てみよう。
http://ch00350.kitaguni.tv/e7660.html

私もこれと同様に今は亡きサイバーゾーンで4万ぐらいの構成で購入。グラフィックカードもChabo氏と同じGeForce4 ti4200/128MBのABIT製を、これまた今は亡きPCサクセスで購入w

GeForce4 ti4200


今では珍しくないけどAGPスロ下のPCIスロを占有してしまう強制排棄のクーラタイプ。

chabo氏の記事でも書かれてる通り、DirectX8ベースのゲームでは充分スペックを満たすグラフィックカードでした。
予算の関係でchabo氏同様にCeleronを選んだのが、のちの自作道へ踏み入れてしまう原因になろうとは当時は知るよしもなく。しかも私とchabo氏のパーツの換え方が時期や順番は前後するもののほとんど同じ。不思議!(単に真似てるだけとも(ry

Chabo氏
2003年8月 某サイバーゾヌでPC購入
2004年4月

メモリを1.5GBに増設
CPUをPentium4/2.8GHzへ交換
サウンドカードCreative SoundBlaster Live!を増設
2004年5月
電源300W→400Wへ交換
2004年10月
ビデオカードをMSI製GeForce 5700無印に交換

日記を遡って知ることができるパーツ交換は以上のようになってました。これが最終形態かどうかは不明ですが昨今のDirectX9系3Dゲームにはきびしいスペックかもしれません。

それに対して私の場合、パーツ交換に手を出し始めたのはchabo氏よりも遅い。特にPCトラブルが起きなかったのと遊んでいたゲーム的にスペックに満足していたから。
パーツを増設や交換した時期については購入先サイトが既にこの世に存在してなく購入照会できないのと購入時のメールが見つからないのであいまいな記憶を頼りに書いてみる。

2003年10月 Chabo氏と同じ某ゾヌでほぼ同等スペックPCを購入
ABIT製GeForce4 ti4200/128MBを購入
2004年時期不明
上記カードが故障しASUS GeForce 5700無印256MBを購入
メモリを増設し1GBに(PC2700 512MB×2枚)
2006年2月
CPUをCeleron2.4GHz(northwood)からPentium4/3.2GHz(prescott)へ換装
メモリを増設し1.5GBに(PC2700 512×3枚)
2006年6月
ASUS GeForce 5700無印256MBからLeadtek GeForce7800GS 256MBへ換装
電源をケース標準付属の300WからTAO製 480Wへ交換
2006年10月
マザーボード ASUS P4G800-Vが故障。ASUS P4P800-E Deluxeへ換装
Creative サウンドボード Sound Blaster X-Fi Fatal1ty FPS SBXFIFTYを増設
2006年11月
CPUクーラをリテール品から Scythe SI-128へ交換
2006年12月

PCIスロ装着システムファン PC AIRCON購入。サウンドカード冷却用に
2007年不明

メモリをPC2700 512MB×4枚からPC3200 1GB×2 + 512MB×2の3GBに変更

ここまで多額の投資をしスペック向上を図ったが、やはりもう限界。2007年は特にパーツに変化は無く、次期マシン購入計画の為に貯金をした年であった。

あと高速化できそうな部分はハードディスク。ICH5RなのでオンボードRAID対応。パラレルATAとSATAの両方でRAID構築できるのでやるとすればそのあたり。いや、もういいか…。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

 | ホーム | 

# プロフィール

boo(ry

  • Author:boo(ry
  • PCゲーマー歴17年か…
    FPS歴:約2000時間
    My Gaming PC Spec
    CPU:Corei7 3770K(未だ現役)
    VGA:GeForce GTX1050Ti
    CASE:CoolerMaster COSMOS1000

# 尼

# タグクラウドとサーチ


# シンプルアーカイブ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。