Call of Overlord 跡地

かつて廃PCゲーマーだったおっさんの墓場

# 最近の記事

# カテゴリ

# カウンター

# 検索フォーム

【リリース】Dxtory Ver1.0.34 (3/18)

今回のバージョンアップにて既にフィードバック済みだった、FPSゲーム『クロスファイア』にて
ピクセルフォーマットを『RGB24』や『YUV24』の圧縮ONでキャプチャーすると砂嵐になってしまう現象が改善されました。(検証済み)
その他CapConverterのGUI改良ということでVista向けに作ってあるらしいけどVista持ってないのでどういうことなのかな。
あとはSudden Attackの不正落ち問題の修正が見通したってないってところが悲しい。
どうもnProtect GameGuardの問題のようなんだけど。

http://dxtory.com/download-ja.html

ver1.0.34 (2008/03/18)
修正: 特定の条件で圧縮を使用した時、正しく処理しないバグ。
修正: DirectX7の検出コード。
変更: CapConverterの改良。


CapConverter1.0.34

CapConverterというのはファイルフォーマット『RawCap』でキャプチャーしたファイルをaviファイルに変換するDxtoryの補助ソフトのこと。
複数台のハードディスク上に分散書き込みをするRAID0のような動作でキャプチャーできるので、高速なRAID0を構築できないPC環境(オンボードRAIDコントローラーが無い)の場合や既に複数台のハードディスクを積んでいる人には便利な機能です。記録させたいフォルダを作って設定するだけでオーケー。

以前、構築したRAID0ボリュームの調子が悪いときにNON RAIDにして3台の160GBのハードディスクにそれぞれrecord用フォルダを作って試しにRawCapを利用していました。
現在は160GB×4台にてRAID0を再構築したので普通に『avi』フォーマットでキャプチャーしています。

↓おいらのキャプチャー設定はこんな感じ。
CドライブはWD Raptor 10000rpm 74GB SATA-1。OS用なので基本的にキャプチャー先にはしてない。下のEドライブはサムソン HD501LJ 7400rpm SATA-2でデータ保存用なのだが、書き込み速度差からRaptorの速さがわかってもらえただろう。
Fドライブの書き込み速度がさらに速いのは『RAID0』ボリュームだから。
160GB 7200rpm SATA-2な4台のハードディスクICH9RにてRAID0(ゼロ)を構築している。
ちなみにRAIDアレイに属してない、非RAIDのEドライブ(SATA-II)のハードディスクは『AHCIモード』で動作していることになるのでSATAのRAIDモードは何かとお得。

Dxtory1.0.34出力フォルダ設定

関連記事

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

boo(ry

  • Author:boo(ry
  • PCゲーマー歴17年か…
    FPS歴:約2000時間
    My Gaming PC Spec
    CPU:Corei7 3770K(未だ現役)
    VGA:GeForce GTX1050Ti
    CASE:CoolerMaster COSMOS1000

# 尼

# タグクラウドとサーチ


# シンプルアーカイブ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。